検索頁へ
 
件 (1/1841頁) 総数36802件
  アメリカ支配と官僚支配  

374113
世界各国の状況 22/01/19 PM09
中国での本当のコロナ死者数は何人なのか。アメリカの研究は、実際の死者数は政府発表の366倍(17000%)であると結論するA 匿名希望

374102
世界各国の状況 22/01/19 PM01
中国での本当のコロナ死者数は何人なのか。アメリカの研究は、実際の死者数は政府発表の366倍(17000%)であると結論する@ 匿名希望
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 22/01/19 AM00
戦争封鎖と国家の借金限界・・・金貸しと国家の生き延びる道とは? 金貸しは、国家を相手に金を貸す

374091
食糧危機は来るのか? 22/01/18 PM10
中国の食糧備蓄レベルが過去最大に。2022年には世界の大半の穀物を保有すると見られる Bannister

374077
世界各国の状況 22/01/18 PM06
オンライン診療、日本は米国や中国に遅れるばかり 匿名希望

374069
世界各国の状況 22/01/18 AM11
米大手銀行シティ、ワクチン未接種の国内従業員を解雇へ 野崎章

374068
世界各国の状況 22/01/18 AM10
カナダではワクチン義務化が実施される? 橋口健一
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 22/01/18 AM08
【世界の力を読み解く】北京オリンピックのボイコットの真意は?/オリンピック後の世界の動きは? 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
世界各国の状況 22/01/17 PM08
【世界の食と農】第4回 オランダ〜世界トップレベルの生産力にのし上がったオランダの「強い農業」。〜 新しい「農」のかたち
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 22/01/17 AM00
世界は実力主義・自治自決の時代へ。 新たな集団(連帯・共認)のあり方を追求しよう。 日本を守るのに右も左もない

374039
健康と食と医 22/01/16 PM11
韓国でワクチン伝道師の教授が訴えられた 土偶

374025
マスコミに支配される社会 22/01/16 PM03
年末の厚生労働省職員の自殺から見えてきたこと 直永亮明
トラック
バック
市場の支配構造(金貸し支配) 22/01/15 PM11
『食糧問題』シリーズ4:世界食糧危機を煽っている「国連」とは?その狙いは何なのか? 新しい「農」のかたち

374010
世界各国の状況 22/01/15 PM10
「すべて中国のせいにする病」の米国に服従する日本という重症国家A 紀伊谷高那

374009
世界各国の状況 22/01/15 PM10
「すべて中国のせいにする病」の米国に服従する日本という重症国家@ 紀伊谷高那

373995
世界各国の状況 22/01/15 PM02
コロナ後遺症とME/CFS 匿名希望

373993
学者とマスコミはグルで頭脳支配 22/01/15 PM00
コロナワクチン:「妊娠初期で82%の流産率」というデータが隠蔽されていた 岸良造

373983
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 22/01/14 PM10
フェイクニュースや偽情報に対抗する「心理防衛庁」がスウェーデンで発足。その狙いとは? 黒湯温泉

373977
健康と食と医 22/01/14 PM07
ワクチン接種後の死亡者が2万人超 匿名希望

373960
世界各国の状況 22/01/13 PM09
米ロ首脳会談の直前、核兵器を保有する5カ国が核戦争回避に関する共同声明 玉田 聡
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp