この記事の読者は累積36148人です。
 
生命原理・自然の摂理
372834 体内の構造水=プラズマは「無機的な生命」として分裂や分岐、進化をしている
 
ブログ 地球と気象・地震を考える 21/11/29 PM11 【印刷用へ
生命と水の関係性を追求していく中で、体内の水は液晶状態(構造水)になっていて、その構造水は水分子から電荷が分離したプラズマ状態にあることが分かってきました。
そこで今回は「プラズマが生命にどのような影響を与えているのか」について調査しました。
調査の中で見えてきたのは、なんとプラズマ自体がDNAに似たらせん構造体を形成し、さらにDNAのように「分裂や分岐、再生、進化」までする可能性を秘めている、ということです。 続きはこちら
 
List
  この記事は 372385 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_372834
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp