この記事の読者は累積825人です。
 
子育てをどうする?
372826 親和欠損と親和過多〜「母に愛されて育った一人息子」が“周りから嫌われてしまった”ワケ〜
 
山本紀克 ( 32 大阪 会社員 ) 21/11/29 PM08 【印刷用へ
乳幼児にとって、親和充足(母子間の授乳やスキンシップによる一体感や充足感)は人格形成上決定的に重要である。しかし母親から十分な親和充足を与えられないと、子は親和欠損に陥り、様々な精神欠陥の原因となる。
特に、皮膚感覚を発達させ、母子間の親和により知能を進化させてきた哺乳類の進化過程を見ても、皮膚感覚の発達が、集団の連携行動や同類把握力にも繋がっていく。つまりその親和充足を土台にして、親子関係から集団関係へと対象世界を広げていけるのである。
しかし親和欠損児は、仲間や同類を否定的対象に捉えてしまう。これがその後の成長を妨げる。

一方で、母親から過保護に育てられた子もまた、問題がある。愛情を過剰に受けすぎて、なんでも母親からしてもらうことで、自分で思考する知能発達を妨げるのはもちろん、母親だけが充足の対象となり、母親以外を否定的な対象として捉えてしまう。親和過多とも言えるだろう。

そうした子の親たちは、結局自分に対する埋め合わせのために子どもを甘やかしているだけであり、子どもの心の中にある本当の欠乏を直視していない。

子どもの要求を「直視」するとは、子どもの求めに応じることではない。
また親和をとにかく与えることでもない。親和充足の土台をつくり、集団の中へと送り出していくことではないだろうか。


参考に、母に愛されて育っても周りから嫌われてしまった…、そんな記事を引用します。

「母に愛されて育った一人息子」が“周りから嫌われてしまった”ワケ』幻冬舎ゴールドオンラインリンクより
---------------------------------------------------------------------
龍龍は一人っ子なので、何よりあの子が大切だというあなたの気持ちは分かります。しかし、ここ数日の様子を見た結果、恐らくあなたのお子さんは甘やかされ、無視された子どもであるとお伝えしなければなりません。

きっと納得できないでしょう。こんなに愛しているのに、自分があの子を無視しているわけがないと思うでしょう。でも、私たちは龍龍のような子を何人も見てきました。

この子たちの親は、自分に対する埋め合わせのために子どもを甘やかしているのです。親は自分の姿を子どもに投影しているだけなので、結果的に子どもの心の中にある本当の要求は無視されてしまいます。

「子どもの要求を直視する」ための正解は?
こうした子どもは親に拒絶された子どもと同じく、過剰なまでに大人の注目を集めたがり、深刻な場合には、力で人を支配しようとする人間になります。自分の非を認めない、何でも一番にこだわる、負けず嫌いといった性格は、子どもに対する親の期待と関係していることが多いです。

親の期待に応えようとして、子どもが無意識に自分の感情を閉ざしてしまうと、外に表れる言動と心の中の要求がどんどん離れていって、最後には人を思いやる心を失ってしまいます。これは本当に心配なことです。

子どもの要求を「直視」するとは、ひたすら子どもの求めに応じることではありません。子どもが社会や他人と関わり合い、社会性や対人関係を学ぶためには、親が真剣に子どもの要求に向き合い、先入観のない態度で応じることが必要です。親が子どもを甘やかす、または拒絶していると、結局は子どもの心の要求が「直視」されないままです。

だからこそ多くの親が戸惑いながら「心血を注いで育てたはずが、どうしてこんな難しい子に?」という疑問を抱きます。それはこうした親の努力が、全て自己投影や自己満足のために費やされていたからなのです。

例えば、子どもがロックマンのおもちゃが欲しいと言ったとします。欲しい物を買えなかった子ども時代の埋め合わせがしたい親、子どもに面倒を起こされたくない親、子どもに後ろめたさを感じている親は、口をそろえて「いいよ! お金をあげる」と言い、子どもを拒絶する親は「ダメ!」と言うでしょう。

でもどちらの場合も、親は子どもの要求を直視していません。なぜなら、親は子どもがおもちゃを欲しがった理由も知らなければ、この要求に対する自分の理解や、この答えに至った理由を子どもに伝えてもいないからです。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_372826
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp