検索頁へ
 
件 (1/1755頁) 総数35100件
  日本再生・共同体社会の実現  

366057
共認心理学:現代の精神病理 21/04/10 PM06
「あまりにも孤独に慣れすぎた日本人」の超危険 大川剛史
トラック
バック
次代の活力源は? 21/04/10 PM03
農のあるまちづくり8〜テレビマンが農業に転職したわけU.農業の創造力 新しい「農」のかたち

366043
日本を守るのに、右も左もない 21/04/09 PM11
世界と日本の地下基地の実態について 大嶋洋一

366038
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 21/04/09 PM09
闇の権力者よりタチが悪い。日本の政治を支配する不気味な沈黙 伊達政宗
トラック
バック
新しい共認勢力 21/04/09 PM09
デジタル通貨はBIへの布石か/ロシアがコロナワクチンから5Gに反応するナノチップ取り出しに成功 日本を守るのに右も左もない

366027
日本を守るのに、右も左もない 21/04/09 PM00
わざ(技)と技術 2U

366026
日本を守るのに、右も左もない 21/04/09 AM10
日本人の文化としての呼吸法「丹田呼吸」 田中武真

366019
世界各国の状況 21/04/08 PM11
延坪島砲撃事件は、日本を守るための北朝鮮による防御作戦 小川泰文

365997
日本人と縄文体質 21/04/08 AM00
日本人古来のSDGs〜縄文時代からある自然素材「茅葺き屋根」〜 藤井智子

365975
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 21/04/07 AM02
ロシア外務省報道官が指摘:バイデン大統領の初記者会見は、やらせ! 村上祥典

365952
共同体社会の実現 21/04/06 AM09
あなたたちは集団の「新実現体」 女がいて男がいる職場

365946
農村を活性化させる為には? 21/04/06 AM02
まちの「終活」から、地方都市の活性に必要なもの 匿名希望

365919
国債経済とその破綻(大破局の予感) 21/04/05 AM02
日本が圧倒的に「低賃金の暮らしにくい国」に堕ちた真相 訪れる“最悪の未来” 匿名希望

365918
日本を守るのに、右も左もない 21/04/05 AM01
日本が世界で最低評価のジェンダー・ギャップ(男女平等)指数⇒女と男の役割の歴史考察なしに比較はできない、 持国天

365917
次代の活力源は? 21/04/05 AM00
「世界56位」日本が幸福度ランキングで毎年惨敗する根本原因 時田 弘

365913
新しい共認勢力 21/04/04 PM11
トランプ米共和国大統領とケネディ副大統領の4/1テレグラムから 蒔田一雪

365912
世界各国の状況 21/04/04 PM10
今や中国共産党は根本矛盾を孕み破綻した存在。⇒習近平が本物の民族派ならば、中国共産党の解体が必然 麻丘東出

365905
農村を活性化させる為には? 21/04/04 PM07
売上の2割、25億円の域内循環が地域の力に。島根県のスーパー「キヌヤ」に学ぶ“地産率”の上げ方 匿名希望kk

365901
新しい共認勢力 21/04/04 PM05
社会を良くすることにお金を使う〜コロナ禍で増える寄付 宮田一郎
トラック
バック
農村を活性化させる為には? 21/04/04 PM03
農のあるまちづくり7〜テレビマンが農業に転職したわけT 新しい「農」のかたち
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp