検索頁へ
 
件 (1/434頁) 総数8677件
  原発・地震・気象・環境  

366068
原発 21/04/10 PM11
「いくら薄めても消費者は離れる」 海洋放出に渦巻く漁師らの不安 匿名希望

366017
世界各国の状況 21/04/08 PM10
EUメタン戦略の狙い−測定・報告の強化(2) 今井勝行

366016
世界各国の状況 21/04/08 PM10
EUメタン戦略の狙い−測定・報告の強化(1) 今井勝行

366009
生物学を切開する 21/04/08 PM07
「地球上で未知の生物が住んでいる可能性が高い場所」を記した“未確認生物マップ”が公開! 我々は1.5%の生物しか知らない!? ビッグチキン
トラック
バック
西欧科学は狂っている 21/04/06 PM09
コロナワクチンが自然循環を通じて半永久的に人体を侵す危険性 日本を守るのに右も左もない

365924
環境破壊 21/04/05 PM01
日本のリサイクルの不整合な実態 匿名希望

365908
人工物質の脅威:大気・水・食品 21/04/04 PM09
『イカナゴ』歴史的な不漁続く原因は「水が綺麗になりすぎた」からなのか? 中村明博
トラック
バック
未知なる回路:気・霊感・予知 21/04/04 PM09
断層線上の気場を活用した神社、寺院 生物史から、自然の摂理を読み解く

365891
新資源・新エネルギーの開発は? 21/04/03 PM11
隠されている真実について〜放射能〜 直永亮明

365887
西欧科学は狂っている 21/04/03 PM10
バイオプラスチックは環境にやさしくない!? 長曾我部幸隆
トラック
バック
西欧科学は狂っている 21/04/03 PM10
人間の精子は2045年までにゼロになる 地球と気象・地震を考える

365823
市場は環境を守れない、社会を統合できない 21/04/01 PM06
コロナ禍と自然破壊の意外な関係〜人と動物、生態系の健康はひとつなぎ〜 どうなる資本主義

365821
西欧科学は狂っている 21/04/01 PM05
「人間の精子の数は2045年までにゼロになる」 匿名希望
トラック
バック
西欧科学は狂っている 21/04/01 PM03
「石油枯渇」「エイズ」「ダイオキシン」「地球温暖化」そして「コロナ」まだまだ出てくる。 金貸しは、国家を相手に金を貸す

365810
西欧科学は狂っている 21/03/31 PM11
「人間の精子の数は2045年までにゼロになる」:何にでも含まれるプラスチック化学物質がヒトの生殖機能を殺し続けている事態が、年間15億廃棄されているマスクでおそらくは加速中 井垣義稀
トラック
バック
食糧危機は来るのか? 21/03/31 PM09
中国の気候操作と大量買い付けが食糧危機をもたらす? 日本を守るのに右も左もない

365785
新資源・新エネルギーの開発は? 21/03/30 PM10
温室ガス排出量取引促す新市場創設へ 原大輔

365784
市場は環境を守れない、社会を統合できない 21/03/30 PM10
アフリカの熱帯林を破壊する再生可能エネルギー その4 森林は元には戻らない 鉱物資源採掘の問題 雲渓

365783
市場は環境を守れない、社会を統合できない 21/03/30 PM10
アフリカの熱帯林を破壊する再生可能エネルギー その3 太陽光や風力発電は? 原料採掘で森林消失 雲渓

365782
市場は環境を守れない、社会を統合できない 21/03/30 PM09
アフリカの熱帯林を破壊する再生可能エネルギー その2 生産に必須な希少金属 電気自動車の場合 雲渓
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp