検索頁へ
 
件 (1/133頁) 総数2648件
  原始共同体社会  

365868
日本人と縄文体質 21/04/03 AM00
日本人の集団性は遺伝子や脳科学にも見られる 田中武真
トラック
バック
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 21/04/03 AM00
白人(欧米人)の意識構造の解明(2) 牧畜→遊牧によって何が変わったか? 共同体社会と人類婚姻史

365834
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 21/04/01 PM11
縄文土器からわかること〜事実は更新されていく。 太刀川省治

365736
人類の起源と人類の拡散 21/03/29 AM02
9千年前の奇妙な石仮面を発見―社会構造の変化と、儀式を行う宗教活動の急激な活発化し時代― 穴瀬博一
トラック
バック
日本人と縄文体質 21/03/29 AM00
日本人が最も幸せであった縄文時代−妻問い婚による母系集団同士が密接につながっていた平和な連帯社会 縄文と古代文明を探求しよう!
トラック
バック
日本人と縄文体質 21/03/22 AM00
縄文人は共同体が全てであり、個という意識は微塵もなかった。 縄文と古代文明を探求しよう!

365506
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 21/03/20 PM10
牧畜の世界への普及、最初期から多彩だった 〜 同位体分析で解明〜 立川久

365339
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 21/03/15 PM08
料理こそが「人類」を進化させた…その意外な理由とは? 藤井智子
トラック
バック
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 21/03/15 PM08
白人(欧米人)の意識構造の解明(1) 牧畜によって何が変わったか? 共同体社会と人類婚姻史

365295
日本人と縄文体質 21/03/14 AM01
縄文人は高い計算能力と計測の概念を持ち合わせていた キムナリ

365122
戦争の起源 21/03/08 AM00
戦争の起源 〜 生産様式の変遷から「集団自我を正当化する守護神信仰」が発生する過程 麻丘東出
トラック
バック
戦争の起源 21/03/08 AM00
「戦争は人類の本能」説は事実か 生物史から、自然の摂理を読み解く
トラック
バック
戦争の起源 21/03/05 AM00
戦争の起源⇒遊牧民の外圧を見る⇒遊牧民とは最初から優れた軍隊だった 縄文と古代文明を探求しよう!

364992
戦争の起源 21/03/03 PM08
遊牧民の軍事力 山本紀克

364907
日本人と縄文体質 21/02/28 PM09
日本人の家族形態の特徴である「母系家族」の由来と経過 先史時代〜平安時代 匿名希望

364373
本能⇒共認機能⇒観念機能 21/02/10 AM01
インカに「文字」?解読の有力な手掛かり発見か-文字のなかったインカ帝国、手紙に使われたものとは?- 穴瀬博一

364277
日本人と縄文体質 21/02/06 PM01
自然の摂理の内に秘められた目には見えない存在 それをカミと名づけた 2U

364190
生命原理・自然の摂理 21/02/03 AM02
古代人類は、本能的に『フリーエネルギー』を利用し生きていた 匿名希望

364164
国家の支配構造と私権原理 21/02/02 PM03
穀物が国家を作った 斎藤幸雄
トラック
バック
日本人と縄文体質 21/02/02 AM00
縄文以前の性感覚がよみがえる時 共同体社会と人類婚姻史
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp