この記事の読者は累積8253人です。
 
西欧科学は狂っている
365962 コロナワクチンが自然循環を通じて半永久的に人体を侵す危険性
 
ブログ 日本を守るのに右も左もない 21/04/06 PM09 【印刷用へ
コロナ議会外調査委員会というドイツの科学者組織が、「mRNA コロナワクチンの、身体へのワクチン物質の残存期間」と「環境への影響」について、その危険性を発表した。

それによれば、コロナワクチンは残留物質の半減期が長く、人工遺伝子やアレルギー反応を引き起こす化学物質(カチオン性資質やポリエチレングリコール=PEG)が体内に残り続けるため、自己免疫疾患が起こりつつける危険性があること。
そればかりではなく、排泄された人工遺伝子や化学物質が水を通じて自然環境を循環することを指摘している。 続きはこちら
 
  List
  この記事は 365802 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_365962
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp